Building Construction Management Lab at UT

ワークショップ 近年の建築施⼯の技術⾰新

近年の建築産業における技術⾰新、特に施⼯現場の⽣産性向上のための建築施⼯ロボットの導⼊や、解体・改修等の新たな需要に対する取組を中⼼とした講義を ⾏い、建築分野内外の研究者・⼤学院⽣を対象として、知識の共有を図るとともに、今後の建築産業のあり⽅や、他分野とのコラボレーションの仕⽅について、議論を⾏う。


日時:9月18日(火)~20日(木)
参加費:無料
講義場所:工学部11号館8階講義室(東京大学本郷キャンパス)、9月19日(水)午後は清水建設技術研究所で実施(下記参照)
使用言語:英語・日本語(講義1、講義4+見学のみ英語で実施)
講義4、5は他企業からの参加不可。
連絡先:権藤智之(東京大学特任准教授、gondo at buildcon.arch.t.u-tokyo.ac.jp)


To share and discuss the recent developments in building construction industries, especially focusing on multidisciplinary practice, such as digital design, robotics, demolishing, etc.
Date : 18th Sep. ~ 20th Sep.
Lecture Room : 8th floor, 11th Bldg. of Engineering, Hongo Campus, the University of Tokyo. Lecture4 and excursion is at another place
Language: English (Lecture 1 and 4), Japanese
Contact : Tomoyuki Gondo (gondo@buildcon.arch.t.u-tokyo.ac.jp), Project Associate Professor, the University of Tokyo

この記事を書いた人
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です