Building Construction Management Lab at UT

T-ADSシンポジウム登壇

T-ADS(G30)のパビリオンプロジェクト『PAFF』のシンポジウムに権藤特任准教授が登壇しました。
『新建築』2018年2月号にパビリオンの記事が掲載されました。
PAFFは音が聞こえるほうに椰子の繊維を発射していくと網に繊維が引っかかって屋根ができていくプロジェクトです。


Project Associate Prof. Gondo made a presentation at “PAFF” symposium by T-ADS program. PAFF website (http://t-ads.org/dfl/pavilion-paff-projectile-acoustic-fibre-forest.html) .

この記事を書いた人
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です