Building Construction Management Lab at UT

受賞「第19回住総研研究選奨」

「昭和戦前期の建築構法・生産の変遷に関する産業史的研究」松本直之主査(建築生産マネジメント研究室では松村秀一、権藤智之、今田多映を著者に含む)が第19回住総研研究選奨を受賞しました。

http://www.jusoken.or.jp/commend/recommend.html

清水組の戦前の工事報告書を丹念に調べた内容が評価されました。

論文はこちらから読めます。

この記事を書いた人
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です